壁掛けテレビの利点と難点

壁掛けテレビは家の中を広くするメリットがあります。

最近は薄型テレビが増えていますが、載せるラックが大きければある程度スペースを確保しなければなりません。

平均的なラックの幅が50cmほどなので、壁掛けにすることでその分部屋が広くなります。

またインテリアとして設置できるので、壁に余計な装飾を施さなくて良いです。北アメリカでは壁掛けテレビが珍しくありません。この地域ではハリケーンの被害に遭いやすく、多くのケースでテレビが壊れたり落下して怪我をしたりしています。

日本も台風や地震など様々な災害が想定されています。実際に災害が発生した時に、ラックに設置するだけでは自由に動けることで、自分や家族に被害が及ぶ恐れがあります。

壁にかけておけば家が崩壊しない限りは動かないので、被害を最小限に防ぐことができます。
さらに小さな子供やペットがいる家庭でも安心です。小さな子供は立つことができれば、ラックに設置したテレビを手で触ることができます。同じようにペットもラックに登るだけで画面に触れられるので、好奇心で画面を傷付けることもあります。
壁掛けの場合、子供やペットに合わせて高くすれば届かないので、常に見張っていなくても画面を守ることができます。
ただし壁にかけるには穴を開けるので、デメリットと感じる人も多いです。
電源を見えないようにすれば壁にはさらに大きな穴を開けるので、賃貸の住宅では許可されないこともあります。

リンクを集めました/建築雑学研究所/ページランクサイト/全身脱毛どこがいい/MY2-Link