耐震性ならテレビを壁掛けに

現在薄型テレビは普及が広がって主流のテレビとなっています。
しかしこの薄型テレビで最も懸念される事項が耐震性です。
これは薄型テレビ自体が通常より薄く軽いために地震の揺れで転倒しやすいからで、これを防ぐ目的で耐震ジェルやベルト等の様々な対策を行っていく事になります。
中でも最も効果的とされている方法というのが実は壁掛け金具を使って壁掛けテレビにするという事です。

恐らく殆どの人は壁に掛けるというのはインテリア目的ではないのかと思う事でしょう。

ですが壁掛けの方法というのは専用の金具によってテレビを壁に取り付けるというやり方になっており、これによってテレビを取り付けている壁が倒壊しない限り絶対に大丈夫という程の強力な耐震性となっているのです。

これは専用金具を使って大地震を前提とした耐震試験が行った所、壁掛けが大地震に対して非常に高い耐震性を持っている事が立証された事からも窺えると思います。

また金具を使って壁に直接取り付けるという方法以外にも専用の突っ張り棒を立てて、そこにテレビを取り付ける事で壁掛けテレビにするというやり方もあります。

金具を使った取り付け方法に対して、この方法には大型のテレビでなければ自分で簡単に取り付ける事が出来る上に壁にネジ穴が付かないというメリットがあります。

またこの突っ張り棒を使っての壁掛け方法も耐震試験が行われており、金具での壁掛け同様に非常に高い耐震性を持っている事が立証されています。