家の壁の種類とは?

自分の部屋でも壁掛けテレビにしたいと思う人は多くいますが、壁の材質などによっては容易に出来る場合と、出来るものの時間がかかる場合、そしてできない場合と分かれてしまいます。
ですので、自分の部屋は壁掛けテレビにできるかどうか調べる必要があります。

まず最初に壁がどういうものであるか確かめましょう。
コンクリート壁なのか、木の壁なのか、土壁なのかで変わってきます。
しかし、クロスが貼っててわからないということもあるため、その時には壁をノックしてみましょう。
空洞があるような音であれば石膏ボードにクロスが貼られている可能性が高く、空洞があるような音でない場合には直接クロスが貼られていることが予想されます。石膏ボードであれば、壁の下地の柱に取り付ける最もポピュラーな方法やホチキスだけで使用することができる手間いらずの方法などが可能になります。
一方で、コンクリート壁の場合にはコンクリートアンカーなどを打ち込む必要があり、DIY技術の高い人ならば可能なものの、初めてやる人にはかなりハードルが高いやり方です。

木の壁であれば、壁自体に厚みがあり強度が確保されていれば直接ネジを打ち込むことで取り付けが可能となります。
ベニアならば先ほどの石膏ボード同様、下地に取り付けるやり方が有力です。
そして土壁や砂壁の場合には色々と取り付けが難しく、業者に任せた方がおすすめで、いくらDIYが得意な人でも避けた方がいいでしょう。
このように壁やその構造によって壁掛けテレビにできるかどうかが変わってきます。