テレビを壁掛けにする時の配線はどうなる?

テレビを壁掛けにすると、より見やすく、すっきりした印象にもなって、最近でははやりの設置方法となっています。
新築の時に壁掛け用の設備を付けておくと特に工事は必要ありませんが、既存の部屋の壁に新しくテレビを設置して壁掛けにする場合は工事が必要です。
そして、建物の構造によっても配線の仕方が変わってきます。

一般的な木造住宅や鉄筋や鉄骨の場合でも、壁によっては空間が有る場合は、テレビの配線を壁の中に通して見えにくくする処理が出来ます。
この時の配線はテレビ設置位置の壁に穴を開けて、真下に配線を通して、床面に近い位置にも穴を開けてそこから配線を出すようになります。
こうすると配線はほとんど見えないので、非常にすっきりして、最初から壁掛けであったかのようになります。

もう一つの方法は、壁ボードの裏の隙間がほとんどないコンクリート壁や土壁などで行う、露出配管です。この場合は、テレビの設置位置までの配線は壁を伝う形になり、モールという壁用の目隠しを壁につけてその中にケーブルをセットします。
モールは壁に付いているので、丸見えですが、色や模様のついたものが有りますので、壁に合わせたものを選ぶことで違和感なく取り付ける事ができます。
なお、ケーブルの配置はテレビを装着する壁の元の状態や、補強金具などの付け方によって若干変わってきますので、取り付け設備とセットで考える必要が有ります。
専門業者や電気屋さんであれば、最適な方法で処理してもらえます。